講義録デジタルアーカイブ2
市井三郎成蹊大学講義 「哲学史」人間社会で実現すべき価値は何か


市井三郎成蹊大学名誉教授の1980年1月29日のの大学講義「哲学史」の講義模様です。大学の正式な履修科目で主に文学部、法学部の学生向けの講義です。
尚、なにぶんにも元はカセットだったため音質が悪く、電気的な処理をして聞くに耐えうるレベルにまで調整いたしましたが、古いアナログの録音のため、ノイズが多い点を、何卒ご了承下さい。


1.市井三郎成蹊大学講義「哲学史」1980年1月29日第一部
哲学史を考える時の価値基準



2.市井三郎成蹊大学講義「哲学史」1980年1月29日第二部
「不条理の苦痛」とは何か



3.市井三郎成蹊大学講義「哲学史」1980年1月29日第三部
「不条理の苦痛」を完全にはなくすことができない理由



4.市井三郎成蹊大学講義「哲学史」1980年1月29日第四部
近代科学技術の発達が社会にもたらした意義を「不条理の苦痛」の視点で見てみ る




上記のデジタルアーカイブコンテンツを希望者に有償にてCDコピー致しております。希望される方はこちらからお申し込み下さい。

戻る