講義録デジタルアーカイブ1
市井三郎自主ゼミ講議録1980年5月21日


市井ゼミは1980年代初頭から成蹊の大学生が自主的に先生を囲んで自主的にゼミの講義の機会をもうけました。先日この講義の模様のテープが見つかりましたのでここに公開させていただきます。
尚、なにぶんにも元はカセットだったため音質が悪く、電気的な処理をして聞くに耐えうるレベルにまで調整いたしましたが、古いアナログの録音のため、ノイズが多いのと質問者の発言が一部聞き取りにくい部分がございますが、何卒ご了承下さい。


1.市井自主ゼミ講義の模様第一部です
概略:歴史の進歩の認識について



2.市井自主ゼミ講義の模様第二部
概略:不条理の苦痛で犠牲になった人たちについての人生の意味


質問者の私(大野)は先生からかなり遠くの位置に座っていたようで
、相当信号処理をしたんですが限界があり、そのため質問者の質問内容がわかり辛くなってしまいました。
どうかご了承下さい。


3.市井自主ゼミ講義の模様第三部 
概略:人口問題と不条理の苦痛



4.市井自主ゼミ講義の模様第四部 
概略:人口問題と不条理の苦痛


前回に続きです。一部ノイズの関係でとぎれてしまった場所があります。ご了承下さい。


5.市井自主ゼミ講義の模様第五部 
概略:他民族、他国民の不条理の苦痛について、他国での人種差別の実態(前半)



6.市井自主ゼミ講義の模様第六部 
概略:他民族、他国民の不条理の苦痛ー、他国での不当な人種差別の実態(後半)

7.市井自主ゼミ講義の模様第七部 
不条理の苦痛に対する責任について、



8.おまけ 
エピローグー自主ゼミ終わった後の先生とのやりとり



上記のデジタルアーカイブコンテンツを希望者に有償にてCDコピー致しております。希望される方はこちらからお申し込み下さい。

戻る